プロフィール

かるこ

Author:かるこ
♂コルト すっごいビビリで甘ったれ息子  
特技?遊んだボ-ルは自分で持ち帰る事
♀アプル 甘ったれの勝ち気娘
特技?甘える為なら我先の場所取り

2匹は双子 7月20日(旧 海の日)お誕生日

そんな2匹の頼れないお兄ちゃん 息子の「カ-」(人間)8歳

♂ル-キ- 2月11日生まれ 2008年8月1日に17歳5ヶ月で虹の橋へ


月別アーカイブ


カテゴリ


最新コメント


最新記事


リンク


最新トラックバック


rain shininig


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドックドック。  そして。。。。

先週私が仕事が休みの木曜日に
家の2dog ドックドックに入れました。

P1050099.jpg
ピックドック�u�q�bじゃないよ

お世話になっている病院の若いI先生。
前から「老犬の健康診断をしたいんです」と話していらっしゃいました。
それが実現したようです。
7月31日までも期間限定。
一応犬は7歳以上にはなってましたが
希望があれば若くても受けれるようでした。

これを予約するまでちょっと悩んで。。。。
皆さんにこの場でご相談しようかと思ったのですが
でも悩みは考えるとやはり金銭的なもので
それは相談されても困るかな~と思い決断kao07(大げさkao02)しました。

え~~内容は。。。。( )は本来単品での料金

問診
触診
血液検査 (6000円)外注
画像診断 (10300~15300円)胸部、腹部のレントゲン&超音波検査
尿検査 (1000円)
便検査 (1000円)

以上のところ(15キロ未満で合計20000円ほど)
15キロ未満14000円 15キロ以上19000円

+フィラリア検査が未検査の場合+1000円(通常は1700円)

だったのです。
コルトは15.6キロ(になってた)なので正確にいえば19000円
2匹め割引は特にないようで。。。
 
この時期狂犬病もあるし
予防接種も控えてるし、フィラリアもあるし。。。。kao06

でもね、でもね。
やっぱり気になる。。。。。
これで早期発見なら、と思い受けたのです。

朝10時前に朝ご飯抜きの2dogを送りとどけ
夕方5時頃お迎えに。。。

だいたい嫌いな病院に7時間も預ける事も心配だ~~�n���n��

お迎えに行くと受付でI先生がとりあえずその日にわかった事を
お話してくださいました。

コルトの目は
白内障ではなく角膜硬化症だったこと。
それから以前にも言われていましたが少し変形性腰椎症があること。
アプルは特になし(この方は肝臓が心配)

え~~今まで朝晩白内障の点眼してたのに~~����
まぁ予防にもなるそうなのでこれからも続けていきますが。。。。
角膜硬化症には点眼はないそうで
人間も老化でなるし視力には影響がないそうです。

そして気になるお会計~~~�������

2匹とも14000円でやっていただけたようです。�����

そしてフィラリアも1000円も取られなかった
これは忘れたか?外注に出すと言っていたから込みにしてくれたのか?

どちらにしても5000円は大きいbikkuri01

ル-キ-のころには2.3日おきの病院通い
そのころから院長先生もI先生もとっても金銭的なことを気にしてくださり
助かっています。jumee��thanks1

その他の詳しい検査結果は1週間後
ドキドキ�h�L�h�Lです。

P1050098.jpg
ワタシいい子だったですホントか?

������


そして、河口湖へ行っている間に悲しい事がありました。
15日8時頃、実家のリックが虹の橋に旅立ちました。。。
こちらでリックのことをお話してから
容態は少しづつ悪くなっていました。
食欲はあるが食べてももどしてしまう。
どこが悪いのか対処法はないのか先月1週間検査入院もしたのですが
どうやら喉に悪性の物があったようです。
手の施しようはなかったようです。
難しい手術らしく大学病院でやってくれるかどうか。。。というところまでに
なっていたようです。
それでも最後まで食べて2.3日前まで自力で歩いていたそうです。
最後の頃は夜中2時頃になると鳴いていたそうです。
母も歩けないリックをこれから頑張って看ていこうと
思った矢先でした。
最後は母が見守る中、息を引き取ったそうです。

母の選択が正しかったかどうかわかりません。
もっと早い時期に対処していたらまだ元気でいたかもしれません。
(最初は心臓が悪くて咳をしたり嘔吐したりすると別の
病院で言われました)
そんな事は母には言えませんが。。。。
もしかしたら、もしかしたら、は必ずあると思うのです。
でもリックは最後まで母に愛されていました。
そのことが一番幸せだったと思うのです。
私もリックほど性格が良い子はなかなかいないと思っていました。
どんなワンコとも仲良く出来て
人間が大好きで、子供でも大丈夫でした。
一時期は熊のように太ってしまいそれでもそんな大きな体、全身で
甘えてくるリック。
ほんとうに可愛かった。
あなたの事は忘れません。ありがとう。。。
名称未設定 1



«  | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。